FORESTRY SUPPORT
  • 今すぐ隊員登録
  • お問い合わせ 042-528-0564

新着情報

枝打ち作業についての注意事項

2020年12月10日

 

現在サポート隊の活動は、『登降機』を使用し木に登り、ノコギリで枝を伐る「枝打ち」作業が中心となっています。

登降機を使用する際には、スパイクのついていない履物(長靴や足袋等)が好ましいです。  ※靴の参考例

靴のつま先が分厚いと登降機の着脱や操作がスムーズにいかなくなる場合がありますのでご注意願います。

 

 

またこれからの季節は更に気温が下がります。暖かい飲み物や服装を準備するなどの防寒対策をお願いします。

作業中は汗をかくほど暖かくなりますが、休憩時にはその汗が冷えて寒くなります。

なお携帯用バーナーなど、火を使うことは禁止させていただいておりますので、あらかじめご了承下さい。

 

 

作業時の靴

適性 ※1 ○(真夏は蒸れる) ※2 ×
品目 林業用安全靴 スパイク付き地下足袋 スパイク付き長靴 足首以上の登山靴・
ハイキングシューズ
ローカット靴
概要 林業従事者や多くの森林ボランティアが使用
店頭販売(ホームセンターや作業用品店での取扱い)がきわめて少ない。取り寄せやインターネットショッピングで入手可能。インターネットで、「林業用安全靴」「スパイク付き地下足袋」等で検索する。

←靴の裏に金属製スパイクが付いているものを選ぶ。

 

※1 登降機を使用する作業(枝打ち)では、大きなサイズの靴は登降機に入らない場合があります。

※2 登降機を使用する作業(枝打ち)では、靴の一部が登降機の金具と接触して落下の危険が生じることがあります。 ローカットはすべて×
(足首が保護されないため)。安全靴やウォーキングシューズであっても使用しない。
Top