FORESTRY SUPPORT
  • 今すぐ隊員登録
  • お問い合わせ 042-528-0564

活動報告

2019年2月23日(土)

2019年03月06日

場所:日の出町、あきる野市

天気:晴れ

活動内容:上級救命講習

 

 

~スケジュール~

9:00 集合、救命講習開始

東京防災救急協会から講師をお招きし、講習を実施しました。

 

●心肺蘇生法

 

周囲の安全を確認し、倒れている人に近づきます(左)。

肩を叩きながら呼びかけ、反応を確認します(右)。

 

助けを求め、119番通報、AEDの搬送を依頼します(左)。

胸を見て、呼吸があるか確認します(右)。

 

胸骨圧迫30回、人口呼吸2回

 

救助者が複数いる時は、胸骨圧迫と人工呼吸を分担して行います。

 

 

AEDを装着しての救命措置を実施

 

 

お昼休み(1時間)

 

 

●乳児・小児の心肺蘇生

胸骨圧迫、人工呼吸の回数は大人と同じですが、圧迫は大人より弱く行います。

乳児は二指、小児は両手又は片手で実施

 

●外傷の応急手当

三角巾を使って包帯法、骨折時の固定法を学びました。

講師が「額から出血した人がいました。どうしますか?」と。

まだ習っていませんが、思ったようにやってみます。

 

講師から教わり、お互いにやってみます(前額部の包帯止血)。

 

頭頂部・頬部・下顎部(左)、前腕部(右)の圧迫包帯止血

 

膝部の包帯止血(左)、頭部の被覆包帯(右)

 

胸部の被被包帯を教わり、「背部にも応用できます」と実践

 

前腕部を骨折した時の固定

 

 

 ●傷病者管理

毛布を活用した保温法

 

●搬送法

毛布を使った搬送法

 

 

●集合写真の撮影

 

 

16:00 解散 おつかれさまでした。

 

*******************************************************

 とうきょう林業サポート隊 メールマガジン購読登録はこちら!!

当メールマガジンでは、とうきょう林業サポート隊の活動報告、連絡事項等を配信します。

サポート隊WEBサイトより登録できますので、ぜひご利用ください。


作業時の靴

適性 ○(真夏は蒸れる) ○(枝打ち×) ×
品目 林業用安全靴 スパイク付き地下足袋 スパイク付き長靴 足首以上の登山靴・
ハイキングシューズ
ローカット靴
概要 林業従事者や多くの森林ボランティアが使用
店頭販売(ホームセンターや作業用品店での取扱い)がきわめて少ない。取り寄せやインターネットショッピングで入手可能。インターネットで、「林業用安全靴」「スパイク付き地下足袋」等で検索する。
←靴の裏に金属製スパイクが付いているものを選ぶ。
靴の一部が登降機の金具と接触して落下の危険が生じるため、登降機を使う作業(枝打ち)では使用しない。 ローカットはすべて×
(足首が保護されないため)。安全靴やウォーキングシューズであっても使用しない。
Top